PR

【大暴露】SALOMONはダサい?販売員が真実を語る

lady's

SALOMON

https://item.rakuten.co.jp/abc-mart/

めまぐるしく変化するスニーカートレンド。
ネクストブームとして、今最もHOTなブランドが
トレイル競技シーンで殿堂入りしたスポーツブランド
〝SALOMON〟

【原因】SALOMONがダサい理由

https://item.rakuten.co.jp/abc-mart/

人気の裏で、一部からは「ダサい」という声が上がるSALOMON。
例え一部であっても〝ダサい〟問声が上がっている以上、必ずそこには原因が存在します。
まずはその原因や要因を考察してみましょう。

【ダサいポイント①】デザイン

SALOMONがダサく見える一番の理由は、やはりその〝デザイン〟にあるといえます。
特にブランドの中で人気の高い「テック系」は、好みの分かれる特徴的なデザインとなっています。

<テックス系ニーカー>
俗にハイテク系スニーカーと呼ばれるジャンルで、高い機能性を有した最先端のスニーカーを指します。
また、テックは従来のローテクスニーカーと比較しても特徴的でエッジの利いたデザインとなっていることが多いです。

https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076389_4/

今回紹介しているSALOMONや、NBのランニングベースのシリーズなど、世の中は空前のテック系ブームとなっています。
トレンド

【解決策】トレンドになっている事を理解する
特にこういったテック系が苦手な方は、サロモンの良さや魅力を理解するのは時間がかかるかもしれません。
無理に受け入れる必要はありませんが、モノ好きが履いている≠トレンドになている という事実は存在します

流行っているものを手放しで否定するのではなく、新しい挑戦や新鮮な気持ちでトライしてみるのも面白いかもしれません。

【解説】SALOMONスニーカーの魅力

https://item.rakuten.co.jp/abc-mar

解説した通り、特徴的なデザイン故にダサいとイメージ付けられるSALOMON。
しかしそのデザインにはSALOMONの魅力も隠れているのです。

【SALOMONの魅力①】圧倒的な機能性

テック系の由縁でもある〝高機能性〟は、SALOMONの魅力の一つでもあります。

https://item.rakuten.co.jp/abc-mart/

・高グリップを実現するContagrip
・動きやすさと柔軟性を実現するAdvanced Chassis
・高級素材と防水素材 GORE-TEX 

アウトドアユースでも使用できるほどの高性能を有したSALOMON。
特に悪天時でも安心して使用できるGORETEXの搭載は、日常での使いやすさにコミットした、SALOMONの長所の1つです。

【SALOMONの魅力②】高級見えするテック系

テック系らしい特徴的なデザインのSALOMONですが、他とは異なるポイントが存在します。

SALOMONの一部のモデルには、アッパーにスエード素材を使用したものが存在します。
これらは従来のスポーツティーな印象を刷新し、キレイ目/カジュアルでも使いやすい高見えデザインに進化しています。

中でも人気なのが、「X WARD LEATHER」シリーズ。
SALOMONの特徴的なアッパーシャーシデザインはそのままに、素材をスエードレザーに置き換えることで
様々なスタイルにマッチするテック系スニーカーとなります。

【まとめ】SALOMONスニーカーはダサい?

今回はSALOMONスニーカーはダサいかについて意見をまとめました。
是非購入時の参考にして下さい。

最新の投稿をチェック

コメント