PR

【超話題】SALOMONのXT-6のサイズ感を販売員が徹底解説!

lady's

【SALOMON・XT-6】 ⇒サイズ感:標準
・シューズの全長(縦の長さ)⇒標準
・シューズの横幅⇒やや細め
・シューズの甲高⇒標準

SALOMON
XT-6

めまぐるしく変化するスニーカートレンド。
ネクストブームとして、今最もHOTなブランドが
トレイル競技シーンで殿堂入りしたスポーツブランド
〝SALOMON〟

【超話題】ネクストブームの完成形

今回紹介するのは、一夜にしてスニーカートレンドを塗り替えたSALOMONのXT-6

トラック競技用のスポーツブランドとして長い歴史を持つSALOMON。
中でもXT-6はトレイル競技シーンで〝殿堂入り〟と称される程の機能性と信頼を持つシューズでした。

そしてフィールドが移り変わり、2022~2023にかけてはトップトレンドのスニーカーとして絶大な支持を得ています。

【要注意】サイズの落とし穴

巷では入手困難、プレ値祭りの激レアスニーカーとなっており、同時にユーザーは多くの悩みを抱えています。

「どんな魅力がああるの?」
「安く買う方法は?」
「サイズ感が分からない」

特にサイズ感に感する悩み声は非常に多く聞かれます。

ということで今回は話題のXT-6について、サイズ感や魅力、購入のヒントなどを解説していきます。

〝Salomon・XT-6〟サイズ選びのポイント

https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076389_4/

それでは次に、salomonのxt-6モデルについてサイズ感の解説を行っていきます。

サイズ展開について

展開されているサイズは下記の通りです。

【XT-6・サイズ展開】
 ↳23.0㎝~30.0㎝ ハーフサイズ刻み

品薄の続くxt-6ですが男女兼用のモデルとなっており、メンズウィメンズ共に販売されております。

しかし現状、サイズを揃えて販売しているショップは皆無となり、全てのサイズが定価以上で取引されています。
自分の欲しいサイズを見つけたら迷わず購入することをおススメします。

XT-6の着用サイズ感

実際に着用した際のサイズ感は下記の通りです。

【SALOMON・XT-6】 ⇒サイズ感:標準
・シューズの全長(縦の長さ)⇒標準
・シューズの横幅⇒やや細め
・シューズの甲高⇒標準

サイズ感に関する意見が極端に少ないモデルですが、個人的には普段サイズで問題無く感じました。
しかし、元々がトレイルシューズということもあり、競技シューズ特有のフィット感はあります。

横幅のタイトさが気になる方はサイズアップしても問題ないでしょう。

【解決!】あなたが選ぶべきサイズはこれ


https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076389_4/

では、続いて皆さんが実際に選ぶべきサイズについて解説していきます。

salomon・XT-6のサイズ選び

普段サイズの±0.0㎝~+0.5㎝

先ほど解説したように、xt-6は標準的なサイズ感となっています。
しかし、横幅は若干タイトな造りとなっているため、場合によってはサイズアップも推奨します。


スポンサーリンク

では、より詳しく解説するためにポイント別で選ぶべきサイズをご紹介していきます。

・ジャストサイズで履きたい
・見た目で選びたい
・特にこだわりはない

ジャストサイズで履きたい方

ジャストサイズで履きたい場合は普段サイズで問題無いでしょう。

【ジャストサイズで履きたい場合】
細幅・普通幅の方→ +0.0㎝
幅広・甲高の方→  ±0.0㎝~+0.5㎝

横幅が広めの方、不安な方はハーフサイズ上げても大きな支障はでないかと思います。

見た目のサイズ感で選びたい方

見た目の大きい・小さいを基準に選びたい場合は、選択サイズが若干変化します。

【メンズモデル】
小さめに履きたい方→ ±0.0㎝
大きめに履きたい方→ +0.5㎝

コンパクトに納めたい場合は普段サイズ、大きめの場合はハーフアップをおススメします。
当モデルに関してはサイズダウンすることはほとんどないでしょう。

特にこだわりは無い方

特にこだわりの無い方や選ぶべきサイズが分からない場合は普段サイズを推奨します。

元々がトレイル競技用のシューズとなっているため、若干のタイトさはありますが、サイズ感の邪魔になるほどではないでしょう。また、従来のトラックシューズのようなボリューム感を持たせるスニーカーでもないため、スマートに納める方が魅力が発揮されます。

3種類のサイズを履き分けてみた

実際に3サイズ履き分けてみたので、参考にしてください

筆者プロフィール

身長169㎝/体重55kg(やや細身)

普段履いてるシューズサイズ足入れサイズ感
アディダス・スタンスミス26.5cmやや小さめ
アディダス・フォーラム26.5cmやや余裕あり
ナイキ・エアフォース127cmやや余裕あり
ニューバランス・CM99627cmやや余裕あり
ニューバランス・32727cmジャスト
マーチン・146025.0cmジャスト
マーチン・146126cmジャスト
マーチン・エイドリアン25cmジャスト
コンバース27cmやや余裕あり

【筆者選択サイズ:27.0㎝】
3パターンのサイズを試し、27.0㎝を選択します。

サイズ:26.5㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒やや短め
・シューズの横幅⇒細め

・シューズの甲高⇒やや低め
【備考】
普段サイズ-0.5㎝の26.5㎝
全体的にタイトですが、一番気になるのは全長。
0.5㎝程しか余裕がないため少し不安。

サイズ:27.0㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒標準
・シューズの横幅⇒やや細め

・シューズの甲高⇒標準
【備考】
普段サイズの27.0㎝
繰り返しお伝えしているように、ややタイトなフィッティング。
しかし=キツいというわけでもなく、着用自体は問題無し。

サイズ:27.5㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒長め
・シューズの横幅⇒標準

・シューズの甲高⇒やや高め
【備考】
普段サイズ+0.5㎝の27.5㎝
タイトさはなくなりましたが、やや前が余り気味。
横幅にゆとりが欲しい方はハーフアップしても問題ないでしょう。

【番外編】SALOMON・XT-6を賢く購入しよう!

https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076407_1/

サイズ感意外にも値段や購入店舗etc…現在XT-6はその人気故、購入の際に様々な壁があります。
この章では、そんな不安や疑問に対してアドバイスを発信していきたい大思います。

許容できるサイズ感について

人気、品薄、プレ値と三拍子そろったXT-6は必ずしも自分に合ったサイズを選べるとは限りません。

特に多いのが、〝自分の好みのカラーを見つけた〟〝他よりも安く買える店舗を見つけた〟
しかし、自分にとってベストなサイズがSOLD OUTになっているケース。

Q.この場合は普段と違うサイズを選んでも良いのでしょうか?
A.問題ありません。
自分の欲しい条件が当てはまっていれば、サイズを妥協してでも購入すべきです。

今回の解説を踏まえると、許容できるサイズは普段サイズの-0.5㎝~+1.0㎝程度です。

ただしマイナスサイズは着用困難になる可能性があるのでよく考えましょう。
普段より大きいサイズの場合は、インソール等で調整が可能になるので、+1.0㎝程度であれば問題はないでしょう。

少しでも安く購入したい方

恐らく一番のネックになるのは値段
メンズの主要サイズは平均で8万~10万円前後と、昨今のスニーカーの中でもトップレベルのプレ値となっています。

そこで私がおススメするのが〝楽天サイト〟での〝楽天カード〟を使用したお買い物。

楽天カード

なんと、楽天市場で商品を購入する際、最大5000円安くなる裏技があるんです!

それが〝楽天カード〟の作成です✨

楽天カードの作成方法

STEP1⇒申し込み

STEP2⇒審査・発行

STEP3⇒受け取とり

★STEP4⇒入会特典受け取り

★STEP5⇒カード利用特典受け取り

※詳しくはこちら

カードの発行・利用の際に、それぞれ「2000円」「3000円」分のポイントが加算されるため、実質「5000円」がキャッシュバックされます!

楽天カードのメリット
・溜まりやすいポイント(100円1ポイント)
・加盟店舗多数!
・楽天市場ではポイント2倍!
・支払い&ポイントスキャンで二重取り!
・ポイントはカードの支払いにも

⇩楽天カードを申し込む⇩

【通常型】

楽天カード

【プレミア型】

楽天カード

【SALOMON】XT-6

https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076407_1/

-Explanation-
フランス生まれのスポーツ、アウトドアブランドのSALOMON。
過酷なバイク競技〝ウルトラディスタンスレース〟を勝ち抜くために開発されたXT-6
昨今のトレンドに合わせ、スニーカーラインで復刻し、人気が爆発。

【DETAIL】

https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076407_1/

ハイテク、スポーツ、ダッド、レトロ
現代スニーカーブームの要素を終結させ、スタイリッシュにまとめ上げたXT-6

BALENCIAGAのトラックシリーズから火が付いたトラックスーカーブーム。
ハイボリューム×ダッドのトレンドは落ち着き、ハイテクモダンかつスタイリッシュが現行のトレンドに。

【INTERIOR】

https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076407_1/
https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076407_1/

メッシュ素材ベースのスポーティーデザインと、競技シューズ特有のハイテクシルエットが融合したXT-6。
ハイボリュームではなく、必要最低限、機能性から生じるボリュームとハイテクデザイン。
ワックなテイストをプラスにとらえる現代のブームには最適解といえる一足。

【GADGET】

https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076407_1/
https://item.rakuten.co.jp/jordan23/257_89076407_1/

競技シーンからスニーカーに移行する際、不随する機能性や快適性も窘めることがブームの一環に。
XT-6、ひいてはSALOMONの魅力はそのフィッティング、快適性。Sensifit機構によるホールド感が歩行をサポート。
ACS (アジャイル・シャーシ・システム)を搭載したアウトソールは抜群の安定性を発揮。

summary

【時代が作ったムーブメント】

https://item.rakuten.co.jp/asty-shop/k0-kxwmtuys3o-3953/

SALOMONが人気を集める理由に明確なロジックは無く「今だから」と答えるしかありません。
大きな転機は2010年代中期のダッドスニーカーブーム。海外アーティストの影響が大きく、ワックなものが格好いいと思える風潮からスタートし、それが形を変えながら現在に至ります。しかし逆に言えば、今しか味わえない文化でもあります。アンテナを張り、一瞬のムーブメントに乗れるかどうかで、ファッションの豊かさが決まります。

【まとめ】超話題salomon・XT-6のサイズ選び

今回は今最もホットなスニーカー、salomon・XT-6について解説を行いました。
ぜひ購入時の参考にして下さい。

⇩こちらもチェック⇩