PR

SHAREEF(シャリーフ)とはどんなブランド?研ぎ澄まされた世界観を徹底解説!!

Apparel

国内ドメスティックブランドの代表格

「SHAREEF」

職人の手によって生まれる〝質〟
独自の世界観が作り上げる〝世界観〟

〝深淵の森の中の書斎〟から、今日も声が聞こえる


SHAREEF(シャリーフ)とはどんなブランド?

【SHAREEF】ブランド・デザイナー概要

2007年にスタートした「SHAREEF」(シャリーフ)。高品質でハイセンスな作品を提供する、ドメスティックブランドです。

-DESIGNER-

シャリーフのデザイナーは、「下村仁」
「自分が着たい服を作る」
氏のそんなモットーにより、
SHAREEFのアパレルは生み出されています。

https://openers.jp/design/design_features/1622880より画像引用

世界的ホビーブランド〝メディコム・トイ〟の社長「赤司竜彦」氏の息子である下村氏はブランド設立以前、パタンナーとしてアパレル制作に携わっていました。“創造”することよりも“製造”する方が、自分には向いていると考えていたようです。
2011年には、代官山にて直営店SHAREEF FLAGSHIP SHOP」をオープンします。


デザイナーとしての創造力、元パタンナーとしてのスキル知識

どちらも持ち合わせているからこそ、シャリーフの美しく、確かな作品は生まれるのです。

-CONCEPT-

   毎日身にまとう服だからこそ、着心地に最大限こだわり、            またその服を着る度に喜びを感じられ、
コーディネートする楽しさを感じられるアイテムを作りたい。

https://studious.co.jp/shop/SHAREEF/r/rshr/より

シャリーフが、ファッションに求めるのは“喜び”や“楽しさ

ファッションを通じて、心が躍る瞬間を
皆さんは感じたことがありますか?


(https://shareef-tokyo.com/より)

他とは違う独創的なデザインは
それだけで心躍る素敵な出会い

ハイクオリティな品質は、長く着用する事で
生まれる愛着
を感じることが出来ます。



・トレンドをなぞった雑誌の焼き増し
・コストを重視した使い捨ての服

ではなく


自分の力で、可能性の扉を開けたときに
ファッションは本当の〝楽しさ〟

そして、そのアイテムが持っている価値が
ファッションに〝幸せ〟を与えてくれるのです。


【SHAREEF】服装のジャンル

(https://shareef-tokyo.com/より)


奇抜なグラフィックゆえに、パンク・ストリート向けと思われがちなSHAREEF。
しかし、アイテムによって持ち合わせる表情は様々です。


ポップなデザイン、洒落の利いたデザイン、ダークなデザイン。
作品が持つ個々の表情を読み取り、
方向性を自身で決めることができます。

グラフィック・生地感・シルエット、それぞれに異なるニュアンスを含めることで、つかみどころのない作品が生まれます。

しかしそれは、言い換えてしまえば「新しいジャンルのスタイリング」「ジャンルを超えたスタイリング」を、あなた自身の手で生み出すことができるのです。

想像して、創造する。

SHAREEFの掲げる〝楽しさ〟というモットーには、こういったファッション本来の楽しみ方という意味も含まれているのでしょう。