【crew必見!】TAKUYA∞の愛用して来たファッションブランドまとめ(~2018)

Apparel
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

突然ですが、「UVERworld」というロックバンドをご存じですか?
最先端のエレクトロサウンドと、生の楽器音を組み合わせた
独自の音楽で注目を集める魅力的なバンドなんです!

何を隠そう、UVERWorldの大ファンなんです!

ファンクラブにも所属しています✨

そんなウーバーワールドのもう一つの魅力といえば
ボーカルTAKUYA∞さんの放つ、熱いメッセージから表現される歌詞と
ライブ時のほとばしるMCです!

カリスマ的存在を誇るTAKUYAさんですが
音楽以外でも、様々な面で才能を発揮しているんです!

↑こちらは、TAKUYAさんが実際に撮影した写真になります
最近ではMVの作成なども自身で手掛けています!

そしてなんといっても、高いファッションセンスも評価されているんです!

ファンの間では、実際にTAKUYAさんが着ていた服装や
髪型を真似する通称「ムゲラー」と呼ばれる人たちも笑

そこで今回は、TAKUYAさんが実際に身に着けていた主要ブランドと
そのアイテムをご紹介していきます!

【イサムカタヤマBACKLASH】

-Information-

今でもムゲラーの間で着用されることの多い、「バックラッシュ」
という日本のブランドになります!
主にライダースジャケットや、ブーツなどの革製品のアイテムを
製造・販売しています

オリジナル素材の開発から、独自の加工や染色方法まで、革の持つ特有の可能性を限界まで突き詰めます。熟練の職人の手で一つ一つ丁寧に作られているため、大量生産は出来ないが、唯一無二の物作りを追求し続けています。

https://www.backlash.jp/より引用

-TAKUYA∞s item-

【カウチンニット/オーバーオール】

https://youtu.be/FAU7NyiqwQYより

UVERworld/7thtriggerより

2012年ころからTAKUYAさんが着用し始めたバックラッシュ
ミュージックビデオや武道館ライブの際に着用していたデニムのオーバーオールは
今でもムゲラーの中で伝説的アイテムとなっており
所持しているファンも多いです!

シングル曲「7thtrigger」のジャケットではカウチンニットを着用していました。

【M】

-Information-


ムゲラーのみならず、UVERファンならだれもが知っている「M」というブランドです
ウーバーの存在が全国的に広まっていった時期に着用していたこともあり
知名度は抜群です!
デザイナーの森亮一さんが、2009年より立ち上げたブランドになります

”太陽を浴び、水を飲み、時を過ごす。こんな見過ごしがちで基礎的な幸せを心に呼び戻す服=M。様々な世代、文化、地位を超えた方々に向けて提案、感化し、
真の豊かさを共有出来るツールでありたい。

http://www.m-2009.com/より引用

-TAKUYA∞s item-

【My Fucking DreamtTシャツ

そんなMから紹介したいのは、なんといっても「My Fuckin’ Dream」のTシャツです!
京セラドームライブの際や、アルバム「0Choir」のジャケットでも
着用されたこちらのTシャツ、
UVERwordの活躍が広まり始めた時期から、長期間愛用していたことで
ファンの認知も広まってゆきます。
最近は減ってきましたが、ライブの際にこちらのTシャツを着用することが
一部のファンではステータスになっていました!

【デニムシャツ】

https://youtu.be/EBwx7GBy2oMより

https://youtu.be/EBwx7GBy2oMより

また、同じくMのデニムシャツは、ライブでの定番ナンバー「ナノ・セカンド」
のMVや、2013年の男祭りでも着用されていました
先程紹介した「バックラッシュ」のオーバーオールと組み合わせた
上下デニムスタイルは、ムゲラー王道のスタイルです!

【A(LeFRUDE)E 】

-Information-

先程の「M」と同時期、2012年ころからのTAKUYAさんは
ジャケットを着用したスタイルが増えてゆきます
その時着用していたのが、「アレフルード」というブランドです
デザイナー「佐野大介」が手掛ける日本のブランドで,
トレンドとレトロを融合させたようなデザインが特徴的です

-TAKUYA∞s item-

【エドワードジャケット】

ファン投票一位も獲得した大人気バラード「THE OVER」のMVや
先程も紹介した「fight for Liberty」のジャケットで着用されていました
クラシカルな印象のエドワードジャケットを着こなしているのはさすがですね!

【OWLデザイン】

2015~2016年ころにかけては、フクロウをモチーフにした
TシャツやロンTも着用するようになります。
また、2016年のウーバーのグッズのデザインには、このフクロウ
をオマージュしたとされるデザインが採用されます

【BURNOUT】

-Information-

「M」と並んで、TAKUYAさんの象徴的なブランドに数えられるのが
こちらの「BURNOUT」です。友情を意味する「クロスドアロー」
モチーフが特徴的なこちらのブランドはデザイナー「川村公利」が手掛けます

-TAKUYA∞s item-

【チェックシャツ】

http://geinoujin-aiyou.com/様より画像引用

https://aucfree.com/より画像引用

同時期のMVや、ライブでの着用機会が多かったチェックシャツです
襟も大きく、タイト目なサイズ感なので着こなすのは難しいのですが
バンダナスカートなどをうまく使い、レイヤードスタイルで着用していました
デザイン面での支持も多く、今でもムゲラー御用達の一着です!

【ホイッスル】

続いてはなんとホイッスルの紹介です笑
ウーバーファンならだれでもご存じのこちらは
同じく「BURNOUT」からリリースされたものです
驚くべきはその使用方法で、なんとアクセサリーとしてではなく
実際に楽曲の一部で使われています笑
あくまで演出なので実際に吹いてるわけではないと思いますが

【stream of players】

-Information-

TAKUYAさんの友人である「横澤嗣典」氏がデザイナーを務める
こちらのブランドは、TAKUYAさんもお気に入りで
ほぼすべてのアイテムを、ライブやMVなどで着用しています

-TAKUYA∞s item-

【レイヤードタンクトップ】

https://item.fril.jp/より画像引用

2016年頃のライブから頻繁に着用していたのがこちらのタンクトップです
かなり長い期間着用しており、レイヤードスタイルを真似する
ムゲラーが続出しました笑

【become tree】

-Information-

同じく、「横澤嗣典」氏が手掛ける「Becometree」というブランドです
最初は同じブランドだと思っていましたが、どうやら区別されるらしいです
streamofplayersも同様ですが、販売法方は通販のみで、滅多に再販を行わない
ため、かなり希少なアイテムが多いです

-TAKUYA∞s item-

【チェックパンツ/トラックパンツ】

https://prtimes.jp/mainより画像引用

2018年の年末に着用されたのが、こちらのチェックパンツと
トラックパンツです。
前代未聞の同日2講演ライブの際に、午前と午後で着用していました
FOGのメッシュシャツと、MIYAGIHIDETAKAのダメージシャツ
のコーデをそろえるファンも多いです

【ピアス】

アパレル同様に注目度が高いのが、こちらのピアスです
デザインもとてもかわいいですよね!
中古品でもほとんど出回っておらず、再販が期待されるアイテムです

【UNUSED】

-Information-

バンドの人気・熱量ともにピークを迎えつつあった2016年
頃に着用されていたブランドです。
ハイエンドな機能性や生地感をもつお高いブランドです笑

-TAKUYA∞s item-

【オーバーサイズシャツ】

全ムゲラーが憧れたこちらのチェックシャツは、かなり人気の
高いアイテムです。streamofplayersやbecometreeとの組み合わせを
真似するファンもおおいです!
流通数が少ないため、かなり希少なアイテムで
さらには値段も高額なため欲しいファンも多いと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか!

さすがはTAKUYAさん、当時のトレンドになっていた
スタイルをいち早く取り入れていたことが分かりますね笑

2010年頃から2016年頃に着用していたアイテムをご紹介してきました
このころの1着当たりの単価は5~6万円のものが多い印象です
憧れるアイテムはあってもなかなか入手しずらい金額ですよね笑

振り返ってみると、日本人が手掛ける日本ブランド
を好んで着用していたことが分かりますよね
(何かこだわりがあったのでしょうか)

そんなTAKUYAさんですが、ここ3~4年で
さらにファッションスキルに磨きがかかっているんです!
値段も一気に跳ね上がります笑

次回は2017年~2020年頃に絞ってみていきたいと思います!

では今回はこのあたりで


コメント

タイトルとURLをコピーしました