PR

【革靴×私服】普段使いできるカジュアル革靴が最強すぎた!!

lady's

通勤や通学シーンで毎日見かける革靴
スーツ姿や制服姿でバシッと決める
フォーマルスタイルの象徴
でもありますよね

しかし今回は、スーツだけでなく
〝私服〟でも使用できる
最強の革靴をご紹介していきたいと思います!

ファッションバイヤーやブロガーとして
有名なMBさんも絶賛したブランドの商品なんです!

果たしてその正体とは一体どんな革靴なのでしょうか…

普段使い抜群!〝最強革靴〟の正体とは

MBさんも絶賛した、私服でも使えるカジュアル革靴
⇩その正体がこちらです⇩

一見普通の革靴のようですが、実は他の革靴とは一線を画す
調画期的な革靴なんです!

皆さんは何を基準に革靴を選びますか?
・上質な革を使用している?
・値段の安さ?
・高価なブランド製?


もちろんそれらは、靴を選ぶうえで大切な要素。
しかし、「自分に似合っていない」「何か恰好悪い」
となってしまっては元も子もありません、、

特に私服で使用するカジュアル革靴の場合は、
そのハードルがぐんと上がります。

でも安心してください!
今回紹介する〝テアトロマッシモ〟の革靴は、
オシャレやファッションに疎い方でも
簡単にレベルアップできる優れものなんです!

着用してみて分かった!テアトロマッシモの最強ポイント!

①驚愕の「身長+7㎝」

値段設定でもなく、
高級な革を使用しているわけでもなく、
奇抜なデザインを有しているわけでもなく、

テアトロマッシモの最大のポイントは
身長を盛る効果があることです

その数値はなんと、驚愕の+7㎝!!!

近年は革靴においても厚底ブームが到来しており、
男性の方でも身長を盛りたい思う方は一定数いると思います
そんな方にもおすすめできちゃうのがテアトロマッシモ


⇩以下の画像をご覧ください⇩

「え、これで本当に身長盛れるの???」

と思った方も多いと思います。
何故なら、ソールが厚底になっていないからです
一般的な革靴と比較してもソールの高さは同じくらいですよね


ではなぜ身長が7㎝もアップするのか。
その秘密はシークレットブーツと呼ばれるブーツだからです

★シークレットブーツとは
ヒールやソール部分ではなくインソールに厚みを持たせることで身長を伸ばす効果を得たブーツを指します

画像でもお分かり頂けると思いますが、決してハイヒールになっているわけではありません。
つまり見た目は自然なまま、身長だけをアップしてくれる
超ハイテクアイテムなんです!

②普段使いも出来るカジュアル設計

一般的に、こいったシンプルな革靴は
私服では使用出来ないと思われがちです。
しかし、テアトロマッシモのブーツは違います!


革靴は甲が低く足先が長いため、カジュアルなスタイルだとバランスが悪くなりがちです。
しかし、シークレットソールで高さを出すことによって、ブーツが立体的に映ります。

立体的でボリュームがある靴といえば〝ダッドスニーカー〟
足元に重心を置くと全体のバランスが整えやすくなりますよね。
それと同じような効果があるんです!

デニムやスキニー、スラックスやクロップドパンツまで、
幅広いカジュアルスタイルに対応できるのです。

③圧倒的値段の安さ

さらにテアトロマッシモのブーツは
〝値段の安さ〟もポイント!

勿論、このようなシークレットシューズは
一定数販売されています。
しかしオーダーメイドであったり、
かなり高価で販売されるケースが多いです。

しかしテアトロマッシモはそこも安心です!


⇩なんとお値段が⇩

税込み9,900円

しかも送料無料!!

楽天市場のサイトであれば税込みで9,900円と、
一万円を切るお値段!
シークレットブーツとしても、
通常の革靴としてもかなりお買い得。

高校生や大学生でも安心して購入が出来ます!


しかし、値段が安い=ネガティブなイメージは世の常。
品質に問題があるのかなと不安になると思います。

コスパも最強!?テアトロマッシモの凄さ

 私がテアトロマッシモをおすすめする理由は、
単に値段が安いのではなく、〝コスパが良い〟という点。
には盛身長効果以外にも、革靴として優れている機能がいくつもあります

で使用されているのは合成皮革。本革ではありませんが、表面の光沢感やハリ感はかなり拘って再現されているように感じます。実際、本革という表記があっても、3,000円~で買えるようなチープなブーツは多数存在するため、合皮=ダメ とい訳では決してありません。

年中問わず普段使い出来るよう、アウトソールの機能性もアップグレード。EVA素材を使用しています。凹凸によりグリップは向上され、冬場でも滑りにくい構造となっています。クッション性にも優れており、足への負担を最大限緩和してくれます。

中敷きにはメッシュ素材を使用。これは革靴では非常に画期的であると言えます。人の足は一日に相当量の汗をかくそう。汗から出た水分はムレだけでなく、ブーツの痛み摩耗に繋がるため、通気性と言うのは非常に重要な要素なのです。

ご覧いただいた通り、テアトロマッシモのブーツには
評価するべきポイントがいくつも存在します。
特に見た目の高級感や品質には期待してよいと思います!

これだけ揃って 9,900円はとてもお買い得ですね♪

購入時のサイズ感

皆さんもそろそろ テアトロマッシモのブーツに興味が出てきたのでは無いのでしょうか?
ではここで、購入時に選ぶべきサイズについて解説していきましょう!

サイズは小さめがおススメ?

以下は公式が推奨しているサイズ感になります。

テアトロマッシモのサイズ選び

細身・普通幅の方⇒マイナス1.0㎝~1.5㎝
甲高・幅広の方⇒マイナス0.5㎝~1.0㎝

基本的にはサイズ感が大きく作られているようなので、サイズダウンがおススメです。
【例:26.0㎝のサイズガイド】

3種類のサイズを履き分けてみた

3サイズ履き分けてみたので、参考にしてください

筆者プロフィール

身長169㎝/体重55kg(やや細身)

普段履いてるシューズサイズ足入れサイズ感
アディダス・スタンスミス26.5cmやや小さめ
アディダス・フォーラム26.5cmやや余裕あり
ナイキ・エアフォース127cmやや余裕あり
ニューバランス・CM99627cmやや余裕あり
ニューバランス・32727cmジャスト
マーチン・146025.0cmジャスト
マーチン・146126cmジャスト
マーチン・エイドリアン25cmジャスト
コンバース27cmやや余裕あり

【筆者選択サイズ:26.0㎝】

3サイズ試しましたが、私の場合は26.0㎝を選択します。
やはり普段サイズの27.0㎝だとかなり大きめに感じました。
横幅はそこまで問題ありませんでしたが、サイズを上げるとややつま先が余りました。

26.0㎝

【サイズ感】
・サンダルの全長⇒普通
・サンダルの横幅⇒
普通
・サンダルの甲高⇒普通
【備考】
普段サイズマイナス1.0㎝
大きすぎず、小さすぎず、丁度良いサイズ。人によって好みは分かれると思いますが、基本的にはマイナス1.0㎝をおススメします。

サイズ:26.5㎝

【サイズ感】
・サンダルの全長(縦の長さ)⇒長め
・サンダルの横幅⇒余裕有り
・サンダルの甲高⇒余裕有り

【備考】
プラス0.5㎝そこまで大きい訳ではありませんが、全体的に余裕を感じるサイズ感。

サイズ:27.0㎝

【サイズ感】
・サンダルの全長(縦の長さ)⇒大きめ
・サンダルの横幅⇒
大きめ
サンダルの甲高⇒ややたかめ
【備考】
普段サイズの27.0㎝では、明らかにサイズが大きかった印象。やはりサイズダウンは必須かと思います。

もしサイズ選びに失敗してしまったら?

テアトロマッシモでは、一度だけサイズ交換が無料のようです!
もし慎重に選んだつもりでもサイズが合わない場合は利用してみてください!

【番外編】テアトロマッシモを賢く購入しよう!

では最後に、最強の革靴をより賢く購入するためのウラワザを紹介したいと思います!

【さらに+○○㎝アップ!?】身長爆盛りする方法

なんと、通常7㎝アップのテアトロマッシモを〝さらに盛長〟させるウラワザがあるんです!
それがこちらのシークレットインソール

同社が販売しているインソールを活用することで、さらに最大3㎝まで身長を盛ることが出来ちゃうんです!

まとめ買いで最大20%OFF