PR

【要注意!】ビルケンシュトックのサイズ感を現役販売員が徹底解説!!

BIRKENSTOCK
ビルケンのサイズ選び

広幅モデル
普段サイズから -1.0~2.0㎝
細幅モデル
普段サイズから -0.5~1.0㎝


〝BIRKENSTOCK〟

https://www.rakuten.ne.jp/gold/birkenstockjpn/

ドイツで創業された老舗フットウェアブランド〝BIRKENSTOCK〟
数年前に大ブームを巻き起こし、今では定番となった
コルクサンダルの生みの親として知られています。
独自の機構で創られたサンダルは、デザイン・機能面
で高い人気を博しています。

【ビルケンシュトック】サイズ感に関する悩み

https://www.rakuten.ne.jp/gold/birkenstockjpn/

-Prologue-
そんなビルケンは、現在もファッションシーン・デイリーユース問わず愛用されています。
しかしながら、一部で不満の声も聞かれます。

それはサイズ感に関するもの

ビルケンシュトックは、サイズ表記・サイズ展開・サイズ感全てが特殊なため、自分に合ったサイズを選ぶのが難しいです

折角のサンダル選びを失敗しない様、今回は販売委員である私が、ビルケンのサイズ選びを徹底解説いていきたいと思います。

ビルケンのサイズ展開・サイズ表記について

https://www.rakuten.ne.jp/gold/birkenstockjpn/

では初めに、ビルケンシュトックのサイズ展開や表記について見ていきましょう。
サイズ感同様、こちらも重要なポイントになっています。

-【要注意】二種類のサイズワイズ-

まず覚えおいて欲しいのが、ビルケンには二種類のワイズが存在するということです。

二種類のモデルは、それぞれ
〝広幅/レギュラー〟〝細幅/ナロー〟
で分類され、同じサイズ表記だったとしても、フィッティングが異なります。

この二種類のサイズ展開が、ビルケンサイズ選びにおいて非常に厄介な点。
きちんとサイズを選んだつもりでも、実は異なるワイズのモデルだったいうことも少なくありません。
※それぞれのサイズ感については後述します

また、一部では混同を防ぐために
広幅➡メンズ 細幅➡レディースと分けて展開している店舗もあるようです。

スポンサーリンク

上記の画像を見比べてみてください
左端にある足型のマークが、若干異なっているのが分かるかと思います。
これらは細幅・広幅を示しており、これが見分ける判断材料になるのです。

★ビルケンのワイズ表記
・黒く塗りつぶされているもの
 ↳細幅モデル 
・白抜きになっているもの
 ↳広幅モデル

ビルケンのサイズ展開・表記-

⇩ビルケンのサイズ展開は以下の通りです⇩

★ビルケンのサイズ展開
22.5~28.5㎝/ハーフサイズ刻み
※あくまでも目安となっており、モデルによって多少前後します。

また、先ほど紹介した広幅・細幅についても同様で、
どちらもそろえているモデルもあれば、広幅限定のものも存在します。


続いてサイズチャート。
ドイツ発祥のビルケンは、主にEU表記を用いています。

EU353637383940414243
JP(㎝)22.5~23.0㎝23.0~23.5cm24.0~24.5㎝25.0~25.5cm25.0~25.5cm25.5~26.0㎝26.5~27.0㎝27.0~27.5㎝28.0㎝

サイズ感が特殊なため、あくまでも目安として捉えてください。
実際のサイズ感はここから変化する場合があります。

【要注意!?】ビルケンシュトックの落とし穴

https://www.rakuten.ne.jp/gold/birkenstockjpn/

では次に、サイズ感について説明していきたいと思います!

-ビルケンはかなり大きめ-

ビルケンシュトックを攻略するうえで一番のポイントはサイズ感。

★ビルケンシュトックサンダルのサイズ感
広幅表記サイズより1.0~2.0㎝大きめ
細幅表記サイズより0.5~1.0㎝大きめ

先ほど説明したように、細幅と普通幅でサイズ感が変化するので注意しましょう。

他のサンダルと比べてもかなり大きめに作られているビルケンサンダル。
普段サイズで購入したらサイズが合わなかったなんてことも頻繁に起こります

ドイツで生まれ、スポーツサンダルや医療用サンダルを開発してきたビルケンシュトック。海外規格ゆえに、大きめに作られているのでしょう。

– ぴったりなサイズは?-

ビルケンサンダルはサイズ感が大きめです
そのため、普段サイズからサイズダウンを推奨します

https://ec.benexy.com/brand/about/fitting

⇧こちらは正規店が推奨しているサイズ感の目安です

★ビルケンのサイズ選びポイント
・つま先はに0.5~1.0㎝程度の余裕を確保
・踵も少し余裕を持たせる
・ベルトがしっかり締まる

スポンサーリンク

【必見】ビルケンののサイズ選びはこれで解決!

https://www.rakuten.ne.jp/gold/birkenstockjpn/

では、ここまでの解説を踏まえて皆さんにぴったりなサイズをご提案していきます。

ビルケンのサイズ選び

広幅モデル
普段サイズから -1.0~2.0㎝
細幅モデル
普段サイズから -0.5~1.0㎝

やはりビルケンサイズ選びのポイントはサイズダウン+ワイズ
二種類のワイズをどう履き分けるかがポイントになってきます。


スポンサーリンク

では、より詳しく解説するためにポイント別で選ぶべきサイズをご紹介していきます。

・丁度良いサイズで履きたい
・余裕をもって履きたい

丁度良いサイズで履きたい方

ジャストサイズで履きたい方は、余裕をもってサイズダウンしましょう。

【ジャストサイズの選び方】
細幅・普通幅の方→ マイナス1.5㎝
幅広・甲高の方→  マイナス1.0㎝

※細幅の場合
細幅・普通幅の方→ マイナス1.0㎝
幅広・甲高の方→  マイナス0.5㎝

基本的にワンサイズダウンを推奨します。
私が見てきた中では、普段より2.0㎝下げる方もいました。

余裕をもって履きたい方

ビルケンの用途の1つに〝デイリーユース〟があります
ちょっと散歩する、近くのコンビニに行くという場合には
ある程度余裕があっても良いかと思います。

【余裕を持った選び方】
細幅・普通幅の方→ マイナス0.5㎝~1.0㎝
幅広・甲高の方→  マイナス0.5㎝~1.0㎝

※細幅の場合
細幅・普通幅の方→ 普段サイズ
幅広・甲高の方→  普段サイズ

それでもサイズ感は大きいため、ある程度下げることをおススメします。

【まとめ】ビルケンシュトックのサイズ選び

今回はビルケンのサイズ感について解説をしてきました。
是非購入時に役立ててください

★まとめ
・ワイズが二種類
・特殊なEU表記
・かなり大きめのサイズ感
・ぴったりなサイズを見極めよう
・並行輸入品がお買い得
・楽天カードでお買い得

スポンサーリンク

⇩こちらもチェック⇩