【速報!】Dr.Martenが12ヶ月連続のコラボ企画を開始!コラボ相手にはヨウジやビームスも?

Dr.Martens
スポンサーリンク

こんにちはゆうとんです!

相も変わらず、引きこもり生活を続けています、、
緊急事態宣言発令による営業自粛から4日目となりましたが、
家にいるのがこんなに苦痛だとは( ノД`)

そんな時うれしいニュースが舞い込んできました!

「Dr,Marten」と「yohji yamamoto」のコラボ新作発表!

若者ファンの多いマーチンとyohjiコラボの新作ですが、


実はこちら、現在マーチンが進行中のプロジェクトに合わせて
発表されたのをご存じですか?

そのプロジェクトの名前はズバリ!

「THE1460REMASTRER」

このプロジェクト凄いんです!
マーチンファンのみならず、シューズマニア・ファッション好きの方たちが大注目しているプロジェクトなんです!

これからのマーチンの歴史のみならず、ファッション業界の歴史にも
残るのではないかともいわれるこの「THE1460REMASTRER」

いったい何がそんなに凄いのかを見ていきましょう!

THE1460REMASTRERとは?

今回のプロジェクトの説明する前に、一度マーチンの歴史をおさらいしておきましょう

↓マーチンについてはこちら

マーチンはもともと、パンクやロックなどのストリートカルチャーのなかで親しまれ
育ってきたブランドです

そんなマーチンがここ数年力を入れているのが他ブランドとのコラボレーションです。

point

長い歴史を持つマーチンが、現代も若者の間で最先端ブームになっているのは、
トレンドを研究し、アイデンティティを壊すことなく発展しているからです。

その一環として、若者のトレンドであるノースフェイスやアンダーカーバーなど、ジャンルの垣根を超えたコラボを行い、インスピレーションを得ているのです

そんな他ブランドとのコラボをさらに加速させるプロジェクトが
THE1460REMASTRER」なのです

創業60周年を迎えたマーチンは今年、マーチンのシンボルである
14608ホールブーツ」とマーチンの歴史に影響を与えいていたり、縁があるブランドと12か月連続でコラボをしていくと発表しました。

歴史×トレンド

まさにマーチンらしいプロジェクト内容に、
ファンからは期待の声が続々上がっています!

第1弾 <A Bathing Ape?> コラボ

そんな12ヶ月連続コラボの第一弾として発表されたのが、
1990年代に裏原で誕生したストリートウェアブランドア・ベイシングエイプ
とのコラボレーションモデルです。

ファンの方は「ベイプ」という略称で呼ばれることが多いですよね!
(シャークパーカーなんかが有名なブランドさんです)

https://jp.drmartens.com/category/COLLABO_BAPE.htmlより画像引用

↑こちらがベイプコラボの8ホールです


サイドのクオーター部分には目を引くベイプのカムフラパターン「BAPE 1st Camo」の装飾と、ベイプのスニーカー「BAPE STA」でおなじみの星型が配置されており、
ベイプのエッセンスが、大々的に施されています

これだけインパクトのあるデザインを施していますが、決してゲストを引き立てようとマーチンの存在感が消されているわけではありません。

わずかに残されたスムースレザーのアッパー部分から感じる上品さ
さらには、代名詞とも言えるイエローステッチ
このわずかに残された要素だけでも、十分マーチンの存在は感じられます!

point

原宿というサブカルの地で育ったベイプと、
ストリートギャングの象徴として広まったマーチン
近いルーツと強い個性を持つ両ブランドですが、あえてその個性をぶつけることで
お互いの魅力を最大限に引き立てています


第2弾<ラフ・シモンズ>コラボ

第2弾として発表されたのがベルギーのファッションブランド(デザイナー)
ラフ・シモンズとのコラボです

https://jp.drmartens.com/category/COLLABO_RAFSIMONS.htmlより画像引用

↑ラフシモンズコラボの8ホールブーツ

いやあ、パンクファッション好きにはたまりませんなぁ笑
なんといっても各所に施されたリングが特徴的ですよね!

ですが、リングの配置をパターン化し、その他の装飾を加えないことで
マーチンが持つ、スムースレザーの上品でシックなイメージは残したままです。


また、普段であればアクセントになりマーチンの個性となるイエローステッチですが
今回のリングを用いた装飾の中では、ポップな印象に代わり、
攻撃的なイメージを中和してくれる役割を担います

家具のデザインを行っていたラフシモンズだからこそできる
ユニークかつ実用的な1足になっていますよね

トラッドでクラッシックなテーラードスタイルと、反抗的な若者文化からインスピレーションをうけて、両者を融合させた、テーラードとユースカルチャーの融合がデザインの特徴。

https://www.fashion-press.net/brands/43より記述引用

かつてストリートギャングの象徴として愛用されたマーチンと、
ラフシモンズのブランド背景は通ずるものがありますよね

point

ラフシモンズコラボでは、共通している世界観をうまく生かしながら
ドクターマーチン8ホールをユニークな1足に変化させています。
その中に隠れるラフシモンズならではのエッセンスは
まさに大衆の中で攻撃性を見せる反抗的な若者を表しているかのようです

第3弾<BEAMS×BABYLONE>コラボ

第3弾は、日本を代表するセレクトショップBEAMS
ロサンゼルスのスケーターブランドBABYLONE LAとのトリプルコラボです!

今回紹介したコラボの中でもっとも異色なコラボだと感じます笑


https://jp.drmartens.com/category/COLLABO_BEAMSBABYLONより画像引用

↑こちらがトリプルタッグによる8ホールです

写真では分かりにくいかもしれませんが、
随所に両ブランドのルーツやブランドの背景などがデザインとして施されています

ヒールストラップや、シンボルであるステッチが
ビームスのブランドカラーであるオレンジで統一されています。


バック施されたストライプパターン、タン部分のピースマークには
かつてアメリカで「反対運動」や「反骨精神」の象徴として用いられてきました
パンクやストリートといった若者文化をルーツに持つBABYLONの要素もくみ取れますね

なんと今回の8ホールは、甲の部分にベルトが装備されており、
シューレース無しでも着用が可能になっているようです!
さらに3色のレースの組み合わせによってさまざまなスタイルで着用できます
常識にとらわれず、自分の意志によって変化していく若者を表しているようです!


point

一見直接的な接点は無いように思える3ブランドですが、ファッションサブカル融合しながら進化を続けている点は共通しています。
BEAMSとBABYLONが感じた過去と現代の若者文化の歴史を、
マーチンというキャンバスに描いたような1足ですね

第4弾<Yohji Yamamoto>コラボ

皆さんお待ちかね!
第4弾はカリスマファッションデザイナーYohji Yamamotoのコラボです!

過去に何度かコラボしている両ブランドですが、
今回はTHE1460REMASTRERプロジェクトに合わせての発表になりました

https://jp.drmartens.com/category/COLLABO_YOHJI_Y.htmlより画像引用

か、かっこいい?


今回のモデルではYohjiの作品に登場するスパイダーウェブ(蜘蛛の巣)のデザインを8ホールブーツあしらっています。

ヨウジのテーマカラーも黒なので、
いつも通りのイエローのステッチとヒールストラップがより映えて見える気がします。

シューリングのトップが、輝くゴールドになっております(これまたステキ)
暗闇に光る蜘蛛の目のようにも見えますよね!

レースについている蜘蛛?さんのチャームも可愛らしいです!

マーチンでは一般的なイエローステッチですが、今回のデザインの中では
蜘蛛の巣や蜘蛛の糸なんかにも見えたりします
お互いの特徴のイメージをうまく生かしあっていますよね


point

固定概念を壊してきたヨウジブランドの反骨精神は、
若者の間で一大ブームを巻き起こしています。
デザインや世界観のみならず、マーチンとの接点は数多くあります。
実はマーチンの一番最初のコラボ相手となった「yohji yamamoto」
1+1=2ではなく、もともと1であるかのよなそんな特別な関係だと思います


まとめ

以上が4/20現在で第4弾まで発表されている「THE1460REMASTRER」ですが
今のところ日本のブランドとのコラボが多いですよね!

今回のプロジェクトでマーチンが意識していることは若者の思想と文化だと思います

現代のサブカルの聖地「日本」にマーチンは注目しているのかもしれませんね

point

トレンドを生み出しているのはいつの時代でも、その時を生きる若者です
常識にとらわれず、新しい価値を生み出し常世と戦っている彼ら彼女らの姿は、
かつてマーチンを愛し、サブカルチャーを生み出してきたストリートギャングと重なって見えるのかもしれません。

長い歴史を持つ「8ホールブーツ」の上で描かれる、若者達の「現在の生き様

歴史を持ちながら、常に時代の流れを見失わない
そんなマーチンは、今後どんな姿を見せてくれるのでしょうか!

コメント

  1. […] ヨウジヤマモトやビームスと?マーチンの12か月連続コラボ企画 […]