コンバースct70(チャックテイラー)のサイズ感や購入方法を徹底解説!

CONVERSE

ct70・着用サイズ感 ⇒サイズ感:標準~やや大きめ
・シューズの全長(縦の長さ)⇒やや長め
・シューズの横幅⇒やや細め
・シューズの甲高⇒標準

CONVERSE
ct70

コンバース再ブームの火付け役でもある
〝チャックテイラー〟
60~70年代に製造されたct70は
今欲しいスニーカーとして
全ファッショニスタが注目しています。

【歴史的一足】コンバース・チャックテイラー70

今回紹介するのは、昨今のスニーカートレンドで大注目されている〝ct70〟

オールスターのヴィンテージモデルとして知られるct70。
通常ラインのオールスターとは異なる高級感やスタイリッシュなシルエットが特徴的で、現在大きな注目を集めています。

また、ct70は権利の日本のコンバース代理店〝コンバースジャパン〟では販売が出来ません。
その入手難易度のの高さも相まって、スニーカーヘッズからも関心が寄せられています。

【要注意】サイズの落とし穴

そんな大注目のチャックテイラーですが、実は多くの疑問が寄せられています。

「購入方法が分からない」
「サイズ感が分からない」
「通常のオールスターとの違いが分からない」

などなど、人気の半面で不明な点が多いのも事実です。

【CONVERSE 】ct70

Amazonで商品を見る

今回は、販売員である私がコンバースのチャックテイラーについて解説をしていきたいとお思います。

【解説】コンバース・チャックテイラー サイズ選びの注意点

それでは早速、コンバースのチャックテイラーのサイズ感について解説を行いたいとお思います。

【ct70】展開サイズは?

コンバースのオールスターは、下記のサイズ展開で用意されています。

CONVERSE・ct70サイズ展開】
22.0㎝~30.0㎝ ハーフサイズ刻み
※モデルやカラーによって前後する場合があります。

ct70は通常のコンバース同様、22.0㎝~30.0㎝の男女兼用ハーフサイズ展開となっています。

しかしモデルによってサイズ展開は前後しますし、ct70は確実に自分の求めるサイズが揃っている保証はありません。

自分が探しているモデルを見つけた場合は、ある程度妥協してでも購入することをおススメします。

【ct70】実際の着用サイズ感は?

ct70の実際のサイズ感は下記の通りです。

ct70・着用サイズ感 ⇒サイズ感:標準~やや大きめ
・シューズの全長(縦の長さ)⇒やや長め
・シューズの横幅⇒やや細め
・シューズの甲高⇒標準

ct70は、着用サイズ自体は表記しているものと大きく違いは無いように感じます。
しかし、コンバースJPで展開されているオールスターとはややサイズ感が異なるため注意しましょう。

表記サイズより±0.0㎝~+0.5㎝程度のサイズ感

【ct70】その他の注意点

その他、ct70を購入する際に注意したい点を紹介します。

見た目のサイズ感に注意

ct70に限らず、コンバーススニーカーを購入する際は見た目のサイズ感に注意しましょう。

ct70は足先にかけて長めのシルエットとなっているため、大きめのサイズを選択すると見た目がややアンバランスになります。

横幅に合わせてサイズアップすると見た目に影響が出てしまう為注意が必要です。
コンバース等のキャンパススニーカーは足の実寸と同程度のサイズ感の方がキレイに見えます。

ct70はどこで買える?

現在、ct70は日本国内正規ルートで入手する方法はありません。
見当出来る購入方法は下記の通りです。

・海外輸入サイト(stockx等)
・フリマアプリ/サイト
・韓国国内での実購入(輸入規制など注意が必要)

この通り、人気や話題性は高い分、購入へのハードルはやや高めです。

ct70の代わりのスニーカーは?

購入のハードルが高いct70。
そこで私がおススメするのはの日本国内でも購入できる〝オールスターUS〟モデルです。

https://item.rakuten.co.jp/converse/

オールスターUSとは?
オールスターにヴィンテージ加工を施したモデル。
・洗い加工を施したアッパー
・艶出し加工を施した生成りのテープ
・6ミリ幅のコットンシューレース
・光沢の強いハトメ

通常のオールスターよりもスタイリッシュかつ、ソールのカラーリング等も含めてかなりct70に酷似しているモデルです。


ct70の雰囲気を味わいたい方は是非こちらも検討してみて下さい。

【必見】チャックテイラーのサイズ選びはこれで解決!

では、ここまでの解説を踏まえて皆さんにぴったりなサイズをご提案していきます。

チャックテイラーのサイズ選び

普段サイズから -1.0~+0.5㎝

サイズ感自体はそこまで難しいモデルではありませんが、通常のコンバースとは若干異なるため、その当たりを注意しましょう。

スポンサーリンク

では、より詳しく解説するためにポイント別で選ぶべきサイズをご紹介していきます。

・快適性を重視したい
・見た目を意識したい
・特にこだわりは無い

丁度良いサイズで履きたい方

歩行の快適性を求める方は普段サぴったりめのサイズを狙い、普段サイズorサイズダウンをおススメします。

【ジャストサイズの選び方】
細幅・普通幅の方 -1.0㎝~-0.5㎝
幅広・甲高の方  -0.5㎝~普段サイズ

幅がそこまで広くないという方は、思い切って1.0㎝下げても良いかと思います。
いずれにしても不安な場合は普段サイズで問題無いでしょう。

見た目を重視したい方

着用時のサイズ感を意識する場合は以下を参考にして下さい

見た目を重視したい方
小さめに履きたい方 -1.0㎝~-0.5㎝
大きめに履きたい広  普段サイズ~+0.5㎝

こちらも先ほどの解説同様、大きめに履きたい場合でも過度にサイズアップするとアンバランスになりがちなので注意しましょう。

特にこだわりは無い方

特に希望が無い方は、普段サイズでの購入をおススメします。
コンバース自体が日本人向けの標準的なサイズ感となっているため、大きくサイズが異なる心配はないでしょう。

3種類のサイズを履き分けてみた

最後に、実際に3種類のサイズを履き比べてみましたので参考にしてください

筆者プロフィール

身長169㎝/体重55kg(やや細身)

普段履いてるシューズサイズ足入れサイズ感
アディダス・スタンスミス26.5cmやや小さめ
アディダス・フォーラム26.5cmやや余裕あり
ナイキ・エアフォース127cmやや余裕あり
ニューバランス・CM99627cmやや余裕あり
ニューバランス・32727cmジャスト
マーチン・146025.0cmジャスト
マーチン・146126cmジャスト
マーチン・エイドリアン25cmジャスト
コンバース27cmやや余裕あり

【筆者選択サイズ:27.0㎝】
3パターンのサイズを試し、27.0㎝を選択します。

サイズ:26.5㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒標準
・シューズの横幅⇒細め

・シューズの甲高⇒やや低め
【備考】
普段サイズ-0.5㎝の26.5㎝
足先の長さは丁度良いですが、横幅がやや狭め。
ただ見た目のサイズ感は丁度良いため、この辺は好みになるかと思います。

サイズ:27.0㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒やや長め
・シューズの横幅⇒やや細め

・シューズの甲高⇒標準
【備考】
普段サイズの27.0㎝
普段サイズでもややタイト気味ですが、着用に大きな影響はありません。
個人的には無理にサイズを上げる必要はないと考えます。

サイズ:27.5㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒長め
・シューズの横幅⇒標準

・シューズの甲高⇒やや高め
【備考】
普段サイズ+0.5㎝の27.5㎝
横幅だけ見ると丁度良いサイズですが、全長がやや余ってしまっているのが気になります。
やはり、見た目大きめに履きたい以外は普段サイズで問題無いでしょう。

【まとめ】コンバース・チャックテイラーのサイズ選び

今回はコンバースのチャックテイラーーについて、サイズ感の解説を行いました。
是非購入時の参考にして下さい。

【CONVERSE 】ct70

Amazonで商品を見る

⇩こちらもチェック⇩

コメント