PR

adidas(アディダス)の名作スーパースターのサイズ感を現役販売員が徹底解説!

adidas
スーパースターのサイズ選び

普段サイズの -1.0㎝~±0.0㎝
個人差はあると思いますが、スーパースターはそこまで選ぶのが難しいスニーカーではありません。
サイズ選びのポイントになる〝着用感〟〝見ため〟の2点が、どちらを選んでもバランスよく比例しているためです。


ADIDAS
SUPERSTAR

本革レザーのアッパーに、貝を模したシェルトゥ。
アイコンであるスリーストライプ。
1970年に登場したアディダスのスーパースター。
今となってはブランドを、ひいてはスニーカー界を象徴
するような、伝説を残した一足です。

アディダス不朽の名作〝スーパースター〟

-Prologue-

バスケットシューズに始まり、ヒップホップ、ストリートと、様々なカルチャーの中で愛されてきたadidasのスーパースター。
現在ではブランドを代表するカジュアルスニーカー〝スタンスミス〟と共に、世界中から愛されています

現在も、様々なカラーバリエーションや、コラボモデルなどが数多くリリースされており、その人気は衰えることがありません。

意外と知られていないサイズ感

知名度、人気、需要、全てにおいてトップクラスなスーパースターですが、
一方でサイズ感についてはあまり知られていないようです。

海外規格のADIDASはサイズ感が大きめな上に、モデルごとに着用感が異なるため購入時には注意が必要です。

これまでいくつもサイズ解説記事を投稿してきた現役販売員の私が、
絶対に失敗しないスーパースターのサイズ選びについてご紹介していきます

【まずは理解しよう】スーパースターのサイズ展開・サイズ表記は?

ジェンダーレスなサイズ展開

近年、adidasのシューズはジェンダーレスなサイズ展開となっています。
具体的には、メンズモデル・レディースモデル関係なく、フルサイズ用意がされているといった具合。

スーパースターのサイズ展開

UK3.5(22.0㎝)~UK11.5(30.0㎝)/ハーフサイズ展開

モデルによってMAX~MINの値は変化しますが、それでも幅広くサイズ展開している様子が伺えます。

【要注意】間違えがちなサイズ表記

これまで紹介して来たアディダスのスニーカー同様、サイズ表記はいくつか存在します。

・日本規格のJPサイズ〝㎝〟
・イギリス圏規格のUKサイズ〝Inch〟

・アメリカ圏のUSサイズ〝Inch〟

販売店やショップによって異なるものの、主にこれらの表記が使用されています。

直営店や正規代理店以外などは日本サイズ
海外買付けや並行輸入などで仕入れを行っているお店は〝UK〟・〝US〟が使用されるケースが多いです。

表記とサイズチャート

アディダスは正規店や代理店を通しての販売が多いため、海外サイズが表記されていることはそこまで多くありません。
ですが念のため、サイズの変換・チャートを覚えていてください。

【スーパースター・サイズチャート】

US4.04.55.05.56.06.57.07.5
UK3.54.04.55.05.56.06.57.0
JP
(㎝)

22.022.523.023.524.024.525.025.5
US7.07.58.08.59.09.510.010.511.011.512.0
UK6.57.07.58.08.59.09.510.010.511.011.5
JP
(㎝)

25.025.526.026.527.027.528.028.529.029.530.0

レディースモデルとメンズモデルでサイズチャートが変化するケースが多いですが、
現在のアディダスは、ほとんどのモデルで統一チャートが用いられています。

※上記の表は男女兼用規格モデルのものです。一部モデルでは適応されない場合があるため注意してください。


USUKサイズの変換方は以下の通りです⇩

USサイズの変換方法】

USサイズに18を足すまたは
USサイズから2を引く
これで日本サイズに直すことが出来ます。

「usサイズ」+「18.0㎝」=「日本サイズ
例:US6.0+18.0=日本サイズ24.0㎝
  US9.0+18.0=日本サイズ27.0㎝

「usサイズ」-「2.0㎝」=「日本サイズ
例:US6.02.0=日本サイズ24.0㎝
  US9.02.0=日本サイズ27.0㎝

UKサイズの変換方法】

UKサイズに17.5を足すまたは
UKサイズから1.5を引く
これで日本サイズに直すことが出来ます。

「UKサイズ」+「18.5㎝」=「日本サイズ
例:US6.0+18.5=日本サイズ24.5㎝
  US9.0+18.5=日本サイズ27.5㎝

「UKサイズ」-「1.5㎝」=「日本サイズ
例:US6.01.5=日本サイズ24.5㎝
  US9.01.5=日本サイズ27.5㎝

スポンサーリンク

特にUSとUKは表記上似ているため、混同しないように注意が必要です。


もしチャートが分からないときは、シュータン内側のサイズを確認しましょう。

【超重要!】自分にぴったりなサイズを見極めよう!

https://jp.drmartens.com/

サイズチャートや展開は理解できましたか?
次に実際にサイズを選ぶ際のポイント
について見ていきたいと思います。


【サイズ感】スーパースターは大きめ?

アディダスは海外ブランドのため、基本的には大きめの作りとなっています。
これはスーパースターも例外ではありません。

【スーパースターの特徴】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒やや長め
・シューズの横幅⇒普通~広め
・シューズの甲高⇒高め
 ↳やや大きめ

しかしながら、定番のコートスニーカーは日本人向けの足型であるため、
そこまでサイズ選びには苦労しないかと思います。

【個人的着用感】
27.0㎝表記(UK8.5)表記のスーパースターであれば、日本サイズの26.5㎝27.0㎝に相当。(+0.5~1.0㎝)

【最大の疑問】大きいのに小さく感じる?

やや大きめの作りのスーパースターですが、〝生地が硬い〟という特徴も併せ持っています。

スーパースターの素材

スーパースターの魅力の一つでもある本革のアッパー。
最初はハリ感と硬さがあるため、サイズが大きくても足入れが小さく感じます。

しかしこちらは、着用を重ねるごと革が伸び、サイズ感が上がっていきます。
なので、足入れ時の横幅にとらわれすぎないのも大切です。

サステナブルの取り組みの一環として、同ブランドの名作〝スタンスミス〟は、
2021年モデルより本革⇒合皮へと仕様変更がなされました


【参考】見た目のサイズ感を意識しよう!

スニーカーは、時に見めのサイズが重要になる場合があります。
⇩以下はadidasのフォーラムシリーズの着用画像です。⇩

どちらも着用感には問題ありませんが、見た目には大きく差が生まれます。

身長に対して、足元が大きすぎたり小さすぎたりするのは非常に不格好です。
また、合わせるスタイリングによっても、求めるサイズ感は変化します。


【解決!】あなたにぴったりなサイズはこれ!

では、ここまでの解説を踏まえて皆さんにぴったりなサイズをご提案していきます。

スーパースターのサイズ選び

普段サイズの -1.0㎝~±0.0㎝
個人差はあると思いますが、スーパースターはそこまで選ぶのが難しいスニーカーではありません。
サイズ選びのポイントになる〝着用感〟〝見ため〟の2点が、どちらを選んでもバランスよく比例しているためです。


スポンサーリンク

では、より詳しく解説するためにポイント別で選ぶべきサイズをご紹介していきます。

・丁度良いサイズで履きたい
・見た目で選びたい(おおきめ/ちいさめ)
・特にこだわりはない

丁度良いサイズで履きたい方

歩行時の快適性や着用感を重視したい方は、基本的に0.5~1㎝サイズダウンで選ぶことをおススメします。

細幅・普通幅の方→ -1.0㎝
幅広・甲高の方→  -0.5㎝

もともと足が小さい方でも、1.0㎝下げるとかなり横幅がタイトになるため、基本的にはハーフサイズダウンでよいかと思います。

見た目で選びたい方

大きめに履きたい方→ ±0.0
小さめに履きたい方→ ー0.5㎝~1.0㎝

コートスニーカーながら、スーパースターはもともとボリュームがあるためあえてサイズを上げる必要はないかと思います。
逆に小さめに履きたい方は、サイズを下げすぎないように注意しましょう。

特にこだわりは無い方

特にこだわりの無い方は、〝ハーフサイズダウン〟での購入をおススメします。
横が狭く感じる方もいると思いますが、皮革の弛緩特性を考慮するといずれ丁度良いサイズになってくると思います。
また、スーパースターは〝大きめに履く〟というスニーカーでもないため、無理にサイズを上げる必要はありません。

【写真付き】3種類のサイズを履き分けてみた

最後に、スーパースターを3足履き分けてみたので参考にしてください。

筆者プロフィール

身長169㎝/体重55kg(やや細身)

普段履いてるシューズサイズ足入れサイズ感
アディダス・スタンスミス26.5cmやや小さめ
アディダス・フォーラム26.5cmやや余裕あり
ナイキ・エアフォース127cmやや余裕あり
ニューバランス・CM99627cmやや余裕あり
ニューバランス・32727cmジャスト
マーチン・146027.0cmジャスト
マーチン・146127cmジャスト
マーチン・エイドリアン26cmジャスト
コンバース27cmやや余裕あり

【筆者選択サイズ:26.5㎝】
3パターンのサイズを試しましたが、私の場合はUK8(26.5㎝)を選択します。
見た目、着用感ともにバランスよく〝これだ!〟というサイズ感。

普段からジャストサイズで選びますが、1.0㎝下げるとかなりタイトでした。(履けないことは無い)
ゆとりはありましたが、普段と同じサイズでも違和感はありませんでいた。

サイズ:UK7.5(26.0㎝)

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒ジャストサイズ(やや小さめ)
・シューズの横幅⇒ジャストサイズ(やや小さめ)
・シューズの甲高⇒ややゆとり有り

【備考】
普段サイズより1㎝下げた26.0㎝。
全体的にタイトな足入れであまり余裕はありません。
見た目も少しボリューム不足。

サイズ:UK8.0(26.5㎝)