PR

【要注意】クラークス〝ワラビー〟のサイズ感やサイズ選びの注意点を徹底解説!

CLARKS

CLARKS
wallabee

70年代に世に送り出され、
以降CLARKSの看板モデルとなった
〝wallabee〟
スタイリッシュかつトラッドなスエード生地と、
クラークスの代名詞であるクレープソールを
融合させた、不変的でモダンな一足です。

【話題沸騰】リバイバルを果たしたワラビー

今回紹介するのはクラークスの代名詞〝ワラビー〟

カンガルーのお腹の中のような、柔らかく包まれるスエード生地の感触とクラークスのマイノリティである
〝クレープソール〟を合わせ思ったブランドを象徴するようなモデルになっています。

1970年のリリース以降定期的にブームが訪れており、2020年代初期からその波が見え始めました。
2023年には若年層の認知も広がり、空前のブームを巻き起こしています。

ワラビー サイズ感に関する疑問

しかしそんな大人気のワラビーには、とある疑問の声が多く聞かれます。
それが〝サイズ〟に関するもの

「サイズの選び方が分からない?」
サイズ感が分からない
「メンズ・レディースの違いは?」

など、サイズ感やサイズ選びなどに疑問を持っている方は多数いる様子。

なおかつ、クラークスはサイズ感が特殊なため、サイズ選びを失敗してしまうケースも珍しくありません。

ということで今回は、クラークスのワラビーを安心して購入できるように、サイズ感を徹底解説していきたいとお思います!

【解説】〝ワラビー〟サイズ選びのポイント

それでは早速、クラークスワラビーのサイズ選びについて解説していきたいとお思います。
正しいサイズを選択できるようにしっかりと確認していきましょう。

ワラビーのサイズ展開は?

初めにワラビーの展開さいずを確認してみましょう。
ワラビーにはメンズ・ウィメンズの2種類のモデルが存在します。

ワラビー・サイズ展開】
・メンズモデル
21.0㎝(UK3)~28.0(UK10)㎝ ハーフサイズ刻み
・ウィメンズモデル
↳22.0㎝(UK3)~25.0㎝(UK6) ハーフサイズ刻み
※モデルやカラーによって前後する場合があります。

スポンサーリンク

上記がワラビーの展開サイズになります。
実はサイズ感だけでなく、サイズ展開自体もかなり特殊になっています。

メンズ・ウィメンズの違い

★ウィメンズ規格
クラークスには基準となるメンズモデル(男女兼用モデル)の他に、女性向けにリサイズされたウィメンズモデルが存在します。
展開サイズは勿論、サイズ感も通常により小さめとなっているので、購入の際はしっかりと確認しましょう。

また、カラーやモデルによっては『兼用モデルだが、メンズサイズのみの展開』となる場合もあります。
(その逆もしかり)

ハーフサイズでの展開

★実は珍しいハーフ展開
クラークスは、ブーツブランドとしては珍しくハーフサイズでの展開となっています。
そのため、より自分の足に合ったサイズモデルを選択することが出来ます。

特殊なUKサイズチャート

★UKサイズ
クラークスでは、主にイギリスで使用されるUKサイズ表記が使用されています。
しかしクラークスの場合は、通常とは異なる特殊なチャートでの展開となっているようです。

【メンズチャート】

UK(inch)4.05.06.07.08.09.010.0
JP(㎝)22.023.024.025.026.027.028.0
ハーフサイズ省略

【ウィメンズチャート】

UK(inch)3.03.54.04.55.05.56.0
JP(㎝)22.022.523.023.524.024.525.0
後略

ワラビーのサイズ感は?

続いて、ワラビーの実際の着用サイズ感を紹介します。
メンズ・ウィメンズで履き比べましたので参考にして下さい。

ワラビーメンズモデル ⇒サイズ感:かなり大きめ
・シューズの全長(縦の長さ)⇒長め
・シューズの横幅⇒標準
・シューズの甲高⇒標準

ワラビー・ウィモデル ⇒サイズ感:やや大きめ~標準
・シューズの全長(縦の長さ)⇒やや長め
・シューズの横幅⇒やや細め
・シューズの甲高⇒標準

スポンサーリンク

とにかくサイズ感が大きいのが、ワラビーの特徴です。
特にメンズモデルは、何も考えず普段サイズを購入すると失敗するリスクが高くなってしまいます。

ワラビー・メンズモデル

★メンズモデル⇒表記サイズよりも0.5㎝~1.0㎝以上大きめ
・最大の特徴は、靴の全長が長い設計となっていること。
・つま先でジャストサイズに合わせると、場合によっては1.5㎝程下げる場合も

もちろんどのように履きたいかによって選ぶべきサイズは変化しますが、基本的にはサイズダウンを推奨します。

ワラビー・ウィメンズモデル

★ウィメンズモデル⇒表記サイズよりも±0.0㎝~0.5㎝程のサイズ感
・メンズサイズよりも一回り小さめとなっており、やや大きめのサイズ感。
・つま先でジャストサイズに合わせると、ややフィット感が出ます。

メンズモデル程特殊なサイズ感ではないため、普段サイズをベースにサイズを選んで問題ないでしょう。

その他の注意点

その他意にも、実際にサイズを選ぶ際に注意してほしい点が幾つかあるため紹介します。

【注意点①】革はある程度伸びる

ワラビーは着用を重ねるごとに、ある程度サイズ感が変わっていきます。

ワラビーの一般的なモデルには天然皮革のスエードが使用されています。
スエード生地は非常に柔らかく、足あたりが良い反面、形状の変化が起きやすいです。

この特性をりようすることで、あえて小さめのサイズを選び、足に馴染ませるという着用方法をとることも可能です。

【注意点②】大きく履く場合はインソールを使おう

〝クラークスは大きめ〟と繰り返しお伝えしていますが、必ずしもサイズダウンが必要な訳ではありません。

クラークスは足位入れサイズ感に反して見た目のサイズ感は標準程度です。
そのため、ジャストサイズを選択するとかなりコンパクトになってしまう可能性があります。

あえて大きめのサイズを選択しインソール等で調整するのもおすすめです。

大きく履く場合はインソールを必ず使用しましょう。
合わないサイズを無理に着用し続けると、偏平足や筋膜炎といった、足の病気のリスクが高まります。

そこで紹介するのが、累計販売数100万足を突破した低反発ソール〝ふわぷちインソール〟

ふわぷちインソールとは?】
TPU(熱可塑性ポリウレタン樹脂)を使用することで、クッション性と反発性の両方を持ち合わせたインソール。
プチプチとした独特の形状のTPU素材が、歩行をサポートするとともに、抜群の柔らかさを発揮します。

通常のインソールよりも軽量かつ柔軟性、クッション性の高いTPU素材を使用しています。
サイズ調整+高クッションを生み出してくれるので、クラークスと相性抜群!

●クッションが欲しい
●汎発性が欲しい
●アーチが低下している
●偏平足である
●通気性も欲しい
このような方に非常におススメです。

クラークスを快適な着用感にするためにも是非インソールの使用をおススメします。

【必見】ワラビーのサイズ選びはこれで解決!

では、前章で解説したワラビーのサイズ感を踏まえて、皆さんが選ぶべきサイズをお伝えしていきたいと思います。

ワラビーのサイズ選び

普段のサイズの -1.5㎝~±0.0㎝


スポンサーリンク

繰り返しになりますが、ワラビーはサイズ感が特殊な上、履き方によって選ぶべきサイズが大きく変化します。
より細かく確認が出来るように詳細をまとめたので、是非参考にして下さい。

・丁度良いサイズで履きたい
・見た目で選びたい(おおきめ/ちいさめ)
・特にこだわりはない

丁度良いサイズで履きたい方

歩行時の「安定性」「快適性」を重視したい方は、サイズを下げてジャストサイズを購入しましょう。

【メンズモデル】
細幅・普通幅の方→ -1.0㎝~-1.5㎝
幅広・甲高の方→  -0.5㎝~1.0㎝

【ウィメンズモデル】
細幅・普通幅の方→ -0.5㎝~±0.0㎝
幅広・甲高の方→  ±0.0㎝

1.5㎝ダウンが不安なかも多いとお思いますが、それだけクラークスのサイズは大きいです。
特に女性の方がメンズモデルを選択する際は、大幅なサイズダウンが必要です。

見ためで選びたい方

着用時の見た目を重視したい場合も、選択サイズは適宜変化します。

【メンズモデル】
小さめに履きたい方→ -0.5㎝~-1.0㎝
大きめに履きたい方→ ±0.0㎝

【ウィメンズモデル】
小さめに履きたい方→ -0.5㎝±0.0㎝
大きめに履きたい方±0.0㎝

大きく履きたい方も、小さめに履きたい方も極端にならないように注意しましょう。
特に大きく履きたい場合ですが、サイズアップしてしまうと着用サイズがかなり変わってしまう為、普段サイズを推奨します。

特にこだわりは無い方

特にこだわりがない方は、普段サイズの-1.0㎝~-0.5㎝をおススメします。

特にメンズモデルはサイズダウンが必須になります。
普段から小さめを選ぶ方は-1.0㎝、サイズを下げすぎるのが不安な方は-0.5㎝がおススメです。

3種類のサイズを履き分けてみた

実際に3サイズ履き分けてみたので、参考にしてください

筆者プロフィール

身長169㎝/体重55kg(やや細身)

普段履いてるシューズサイズ足入れサイズ感
アディダス・スタンスミス26.5cmやや小さめ
アディダス・フォーラム26.5cmやや余裕あり
ナイキ・エアフォース127cmやや余裕あり
ニューバランス・CM99627cmやや余裕あり
ニューバランス・32727cmジャスト
マーチン・146025.0cmジャスト
マーチン・146126cmジャスト
マーチン・エイドリアン25cmジャスト
コンバース27cmやや余裕あり

【筆者選択サイズ:26.0㎝】
3パターンのサイズを試し、26.0㎝を選択します。
今回はメンズモデルで検証。

サイズ:26.0㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒標準
・シューズの横幅⇒やや細め

・シューズの甲高⇒標準
【備考】
普段サイズ-1.0㎝の26.0㎝
このサイズでも、手の指先が丸ごと入ってしまうほど余裕があります。
見た目はやや小ぶりになりますが、着用感との兼ね合いを考えるとこのサイズがベストでした。

サイズ:26.5㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒やや長め
・シューズの横幅⇒標準

・シューズの甲高⇒標準
【備考】
普段サイズ-0.5の26.5㎝
このあたりから全長にかなり余裕が出てしまいました。
歩行の足袋に足が浮く感覚があり、〝大きい〟と感じるサイズです。

サイズ:28.0㎝

【サイズ感】
・シューズの全長(縦の長さ)⇒長め
・シューズの横幅⇒標準

・シューズの甲高⇒標準
【備考】
普段サイズの27.0㎝
普段サイズだとかなりルーズなサイズ感になります。
見た目大きく履きたい方は良いかもしれませんが、それでも何らかの工夫や調整は必須です。

【まとめ】クラークス ワラビーのサイズ感・サイズ選び

今回はクラークスのワラビーについて、サイズ感の解説を行いました。
是非購入時の参考にして下さい。